My Frist Class Trip

2018年2月末より、ファーストクラス&ビジネスクラスで世界一周しています。飛行機レポートや、観光情報などをお届け。

札幌で温泉に入りたい!都会のオアシス「蔵ノ湯」に行ってきた。

f:id:xiangcai925:20171020234621p:plain

どうも、贅沢旅行も好きですが、それよりも格安旅行が何よりも大好きなパクチーです。

さて、皆さんはビジネスホテルってよく使いますか?私は国内旅行では、そこのホテルに泊まりたいから旅行をするという理由がない限り(温泉旅館など)、ほとんどゲストハウスやビジネスホテルを利用し、少しでも宿代を抑えようとしています。ホテル代を少しでも安くして、浮いたお金でその土地ならではのグルメとかを食べたいと思うタイプです。

そのため今回も札幌ではビジネスホテルを利用しました。

札幌 ホテル│ビジネスインノルテⅡ

ちなみに宿はこちらを利用させていただきました。JR札幌駅からまっすぐ徒歩8分という好立地、さらに当日空きがあれば一部屋3000円という破格なお値段、清潔感もとてもある素っ晴らしいホテルだったのですが、一つだけ問題が。

ビジネスホテル、お風呂小さすぎ問題

私が泊まったホテルに限らず、大概のビジネスホテルのお風呂ってかなり小さくないですか?もちろんあるだけマシですし、逆に立派なお風呂を作られて、その分料金が高くなってしまうと利用しないでしょうし、どうしようもない問題ではあると思います。

それでも!お風呂に入ってゆっくりしたいのです!!!

お風呂がないなら、日帰り温泉に行けば良いじゃない。

 ・・・というわけで、探しました。行ってきました。銭湯へ。前置きが長くなってしまいましたが、今回はそんな私が見つけた銭湯をレビューして行きます。私みたいな旅行者さんはもちろん、ビジネスマンさんたちも、どうぞ参考にしてください。

スポンサードリンク

 

蔵ノ湯

kuranoyu.com

今回私が行ってきたのは、こちらの蔵ノ湯さん。結果はそこそこ満足なお風呂屋さんでした。

アクセス

JR苗穂駅から徒歩2分の場所にそのお風呂やさんは有ります。苗穂駅(なえぼ駅)は札幌駅からたった一駅、3分で到着します。

駅から出たところすぐの横断歩道を渡ってすぐ右をまっすぐ進むと、そのお店は見えてきます。

車でも来ている方も、広い駐車場に停められます。万が一満員でも、すぐ横に有料駐車場も有りましたので問題なしです。

営業時間

朝10時〜深夜0時まで。

長いこと開けてくれているので、夜にふと立ち寄っても良いかも。ただし札幌から来ている人は、終電が11時50分とかなのでそれまでに帰るように!

入湯料金

f:id:xiangcai925:20171021000339j:plain

大人(12歳以上)440円、安いっ!私みたいな貧乏トラベラーにはありがたい料金設定です。好きな食事を一つ選べる食事パックといったありがたいセットも有ります。

f:id:xiangcai925:20171021000731j:plain

私はお腹も空いていたので、こちらの食事パックを注文することに。券売機で買ったチケットを受付のお姉さまに見せると、食事の引換券と交換してもらえました。

f:id:xiangcai925:20171021001609j:plain

私が選んだのは味噌ラーメン。美味しくもなければ、不味くもない普通のお味。入浴料金を差し引いた、実質410円だから許されているレベル。ちなみに、単品でラーメンを注文すると、580円かかります。まぁこういった食堂には期待はしていないので、こんなもんでしょう。食堂のラストオーダーは22時までだそうです。

お風呂レビュー

清潔感:★★★⭐︎⭐︎(3点)

すごく綺麗とは言えないが、汚くもない。よくある銭湯といった感じ。嫌な気分を持ちながら入ることはないです。普通。

洗面コーナー水圧:★★⭐︎⭐︎⭐︎(2点)

弱いです。髪の毛量が多い私には辛いです。

温泉:★★★★⭐︎(4点)

お風呂は最高!天然温泉、ジャグジー、水風呂、露天風呂、洞窟風呂、サウナ、と種類もそこそこあって満足。

特に好きだったのは露天風呂完全に屋根なし。雨の日は露天風呂は諦めるしかないというデメリットもあるが、そうでない日は、見上げると空が見えて開放感があって良い。テレビも設置して有り、ついつい長風呂してしまう。途中から肩まで浸かるのがしんどくなって、半身浴に切り替えたが(段差の上に座るとちょうど良い高さになる)、北海道の寒い気候が、それがまた気持ちいい。湯上りもずっとポカポカしていました。

注意

コインロッカーが2種類

靴箱と、脱衣所にそれぞれロッカーが設置してあるのですが、どちらも各100円が必要です。(利用後に返却されます。)靴箱のところに両替機が設置してありますので、あらかじめ最低200円分は用意しておきましょう。

無料アメニティ皆無

タオルの無料貸し出しがありません。備え付けのシャンプー・ボディーソープも全くございません!そのため自身でそれらを持ち込むのを忘れずに!もし忘れても、受付で販売はしてくれているようですが、使い慣れたものがいいですからね。

あと女性の方!化粧水類もありませんでした。これは店頭でも販売していないので必ず持ち込むように!もし忘れると、お風呂上がり化粧水なしで、北海道の寒くて乾燥した道を歩いて帰る羽目になりますからね・・・。(私がそうでした。)

ドライヤー有料

特に髪の長い方、ご注意ください。ドライヤーは有料で、3分10円かかります。近くに両替機も見当たりませんでしたので、あらかじめご用意ください。毛量多めミディアムの私は30円分必要でした。

最後に

いいことも悪いことも全部書きましたが、また札幌に泊まった際は利用したいです。そこそこオススメのお風呂やさんでした。値段が安い分、アメニティは全くございませんが、そこさえ注意しておけば、快適に利用できるかと思います。

スポンサードリンク