My Frist Class Trip

2018年2月末より、ファーストクラス&ビジネスクラスで世界一周しています。飛行機レポートや、観光情報などをお届け。

憧れのグローブトロッターが我が家にやってきた!レビューと20インチのサイズ感

f:id:xiangcai925:20180523135020j:plain

初めましての方は初めまして、パクチーと申します。 

私ごとなのですが、実は9月25日に誕生日を迎えまして27歳になりました。
さらにさらに私ごとなのですが、9月28日をもちまして、約3年半勤めた仕事を退職しました。

というわけで、誕生日プレゼント兼、退職祝い兼、自分へのご褒美として、奮発して買っちゃいました。
グローブトロッターのスーツケース!!世界一周旅行へ行くために会社を辞め、無職になるというのに、お金を使っている場合ではないのですが…。

そんな訳で、さっそく商品レビューしていきたいと思います! 

スポンサードリンク

 

グローブトロッターとは

19世紀に英国で誕生して以来、デザインや作成方法が変えず、今の時代まで受け継がれてきた、その名の通り「世界を巡る旅行者」のための"ちょっといい" スーツケースです。

原材料 : 紙、そしてレザー

f:id:xiangcai925:20170927094510j:image

トラベルケースの最大の特徴は、ヴァルカン・ファイバーという特殊紙を何層にも重ね樹脂でコーティングしたオーガニックな素材にあります。 この堅牢かつ軽量な、19世紀の最先端素材を使用したトラベルケースは、創業当時と変わらぬ製法で、熟練した職人の手により、ひとつひとつ丁寧に作られており、今も少量生産を保っています。

グローブトロッター公式HPより引用。

そうなのです、この高級感溢れるスーツケースは紙だけでできているというから、驚きですよね。
そのため女性でも軽々と持ち運ぶのが可能になっています。
機内荷物として持ち込む際、重量制限がかかってくるので、少しでも軽い方がありがたいですよね。
軽くなった分、荷物を詰め込み過ぎてしまうのに注意です!

また、特殊な樹脂加工をした紙を使用しているため、多少の雨なら問題なく使用できます。
当然、大雨の日などは使用を控えた方がいいでしょうが。

f:id:xiangcai925:20180522230039j:plain

私が思う、グローブトロッターの一番オシャレな部分、ベルト。それと、コーナーガードはレザーでできています。

その中でも、人気の'サファリ'というシリーズでは、着色していないナチュラルレザーを使用しており、長年使用していく上で、色の変化も楽しめるようです。
いわゆるエイジングというヤツですね。

白色に近いアイボリーのカラーのものは、初めは本体とベルトの色が近いのですが、だんだんと革の色が濃くなり、色の違いが目立ってくるようになります。

逆にネイビーカラーの方は、最初は色が離れているのですが、だんだんと色が似てくるようになるみたい。

長年使用し、愛着も湧いてきたところで、自分だけのカラーになっていくなんて、、、、!素敵すぎるぜ、グローブトロッター!

象が乗っても壊れない

f:id:xiangcai925:20180522225849j:plain

グローブトロッターは形状復元能力が高く、とても丈夫なスーツケースです。

実際に、ハンブルクの動物園で、1トン程の重さの仔象に乗らせる実験を行った時も、潰れることはなく、その丈夫さを証明しました。

その時の状況を広告にし、グローブトロッターを一躍有名にしたそうです。

日本で言うと、イナバ物置の広告みたいですね。「百人乗っても大丈夫。」みたいな (小声)

上記の画像は全てグローブトロッター公式HPより

実際にレビューしてみた

御託はいいんだよ。
とっとと私の新しいスーツケースを見ていきましょう!

2017 AW ‘ST.JOHN’ collection

f:id:xiangcai925:20171001231528j:plain

私が購入したのは、「セント・ジョン」コレクション 20インチ。お色はパープルです。

グローブトロッターは、今年で創業120周年を迎えますが、それを記念して作られたのが、こちらの「セント・ジョン」コレクションです。

 

はじめは、定番の「サファリ」シリーズのアイボリーかネイビーでの購入を考えていました。
ですが、店頭でこちらの限定色を店頭で実際に見て、その美しさに一目惚れ。

しかも、「こちらの限定色は日本には30台しか入っていなくって、しかもウチのお店では3台しか入荷されてないんです。2台はもう売れてしまっているので、これがラストワンですよ。」といった悪魔の囁きにまんまと引っかかり、店員さんに背中を押された形で、つい購入してしまいました。

外観

本体=ヴァルカン・ファイバー=紙の部分は、やや光沢のあるパープル。そしてベルトとコーナーガードのレザー部分はネイビー。
大人の女性によく合いそうな配色が素敵すぎます。

f:id:xiangcai925:20171001231623j:plain

鍵部分はクラシックタイプ。最初は開け方に戸惑ってしまうかもしれませんが、慣れてしまえばとっても簡単
鍵穴を横にスライドさせると、ガチャっとレバーが外れます
また、レバーを閉めた状態で、鍵穴を90度外側に回転させると、ロックがかかります
そのため、鍵をかける程でもない、ちょっとしたお出かけ時は、そのロックだけで十分だと思います。
鍵本体はかなり小さいので、無くしてしまいそうです。

また、TSAロックなんて便利なものはついていませんので、アメリカへ旅行する際は要注意です。
鍵をかけてなくても、職員さんが開け方わからないと、鍵を壊して無理やり開けることもあるみたいです。

私の場合、この高級スーツケースを荒く扱って欲しくないので、機内持ち込みはしても、預けることは絶対にしないので、その問題は無いはずですが。

内装

f:id:xiangcai925:20171001231704j:plain

外面だけでなく、中身まで可愛い!美しくてずっと見ていられます。

この内装は、1987年に150セント・ジョンズ・ストリートに初めて誕生したロンドン工場外壁のビクトリアン調のデザインを表現しているそうです。まるでステンドグラスのよう。

ちなみに、通常のケースの内装は無地のアイボリーに近い色です。

限定品の内装用ファブリックは、販売後何年かは保管されるそうなのですが、数に限りがあります。
もし修理に出すとなった時、在庫がない場合は、無地のものに張り替えとなります。
修理に出す必要のないように大切に使います!

 

20インチのサイズ感

なぜ21インチじゃないの?

グローブトロッターを購入するにあたり、メルカリなどの中古販売サイトや、BUYMAといった海外代理購入サイトで情報収集してきました。
そこでは、長期旅行用の30インチ、もしくは2〜3泊用の21インチばかりが売られており、それらのサイズが人気でした。

私が購入したのは20インチなので、主流の21インチより少し小さいわけです。

大は小を兼ねるというのに、なぜ少し小さい方を選んだのか。

2017年現在、店頭やネットで販売されている21インチのものは、過去に作られてきたサイズだからです。現在、工場で作られているのは20インチのみだそうで、店頭でも21インチの在庫がなくなり次第、徐々に20インチへ入れ替わっていく予定なんだとか。

私の購入したものは、2017年の秋冬コレクションだったため、20インチしか作られていなかったわけですね。

20インチは機内持ち込みサイズ

航空会社によって機内持ち込み荷物の規定は違いますが、JALとANAの場合、

  • 国際線: キャスター・持ち手を含む3辺の和が115cm以内かつ、3辺それぞれの長さ55cm×40cm×25cm 以内
  • 国内線(100席以上座席のある機材の場合): 上と同じ
  • 国内線(100席未満の機材): 3辺の合計100cm以内(45cm × 35cm × 20cm 以内)

となっています。

グローブトロッターの20インチの大きさは、55cm × 40cm × 20cm (3辺 115cm)のため、ギリギリ持ち込めるサイズとなっております。

ちなみに21インチの大きさは、59cm × 43cm × 21cm (3辺 123cm) なので、日本で機内持ち込みしようと思えば、ギリギリアウトです。

中古販売サイトを見ていると「21インチのため機内持ち込みサイズです」と説明されている方が多くいらっしゃいますが、日本の航空会社では規定外なのでご注意ください。

21インチは規定サイズと大きさがほとんど変わらないため、パッと見ではわかりません。
なので職員さんに見逃されることもあるかもしれませんが、きちんと測られると、アウトです。
そうなったら預け荷物として渡すしかありません。

上にも書きましたが、このスーツケースを乱暴に扱われるのが嫌なので、預け荷物にすることだけは絶対に避けたいところです。
そのため、私のような考えの方は、少しでもそのリスクを減らすため20インチを選択しておくと安心です。

グローブトロッターの会社としても、そういった声が多かったため、20インチのみの作成に変わっていったのだと思います。

容量は意外と大きいです

f:id:xiangcai925:20171002181125j:plain

パッキング用のトラベルケースを入れてみました。
以下で紹介するトラベルポーチの中サイズ(約26cm × 29cm)を入れたのですが、同じサイズのものをもう1個隣に置いても、まだまだ余裕がありそうです。

スーツケース自体は四角い箱のような形なので、四隅まできっちりと隙間なく詰め込めるところが、グローブトロッターのいいところ。

片面に荷物を適当に放りこんで、上から無理やり蓋を閉めてしまえばなんとかなっちゃいます。

いずれグローブトロッターを使ったパッキングの記事を書いてみたいと思っています。

最後に

たいしてお金も持っていない小娘のくせに、これからの自分への投資として、清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入したグローブトロッター。

この子と一緒に旅に出ている想像をするだけで、とっても幸せな気持ちにしてくれるグローブトロッター。

スーツケースに‘着られない’よう、グローブトロッターがよく似合う女性になるよう努力したいと思います。

この記事が、少しでもあなたの背中を押す手助けになっていたら嬉しいです。

 

最後に、グローブトロッター購入時に手渡されるオーナーズハンドブックの1ページ目の言葉が素敵すぎたので、それを紹介して終わろうかと思います。
ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

'The world is a book, and those who do not travel read only a page.'  St. Augustine 354-430

世界は一冊の本である。 旅をしない人は、その最初の1ページしか知らない。 オーグスティン 354-430

スポンサードリンク