My Frist Class Trip

2018年2月末より、ファーストクラス&ビジネスクラスで世界一周しています。飛行機レポートや、観光情報などをお届け。

北海道のインスタ映えスポット巡り!美瑛の青い池編 オススメの撮影時間は?

https://www.instagram.com/p/BZ_UGBmATo4/

実際にインスタグラムに投稿した写真です。

どうも、写真撮影が本当に大好きなんですが、今時JKたちのような素敵インスタ映え写真を撮るほどのセンスはないなぁと感じはじめています、パクチーです。

彼女たちの写真特有のキラキラ感はどうやって出しているのでしょうか。彼女たちに負けじと、写真の腕をあげるため日々精進です。

 

さて、北海道旅行なのですが、初日は新千歳空港旭山動物園美瑛→白金温泉 とレンタカーで移動してきました。今回のエントリでは美瑛が誇るインスタ映えスポット、青い池について書いていきます。

旭山動物園での様子は過去の記事をご覧下さいませ。

 

www.myfirstclasstrip.com

 青い池って?

この池は、もともと十勝岳の噴火による火山泥流災害から住民を守るため作られたダムに水が溜まってできた人造池です。

青くなる理由

白金温泉街からアルミニウムやを含んだ水が流れてき、美瑛川の水と混ざるとコロイドが生成されます。太陽光とコロイドの粒子がぶつかることで、青く見えるそうです。

アクセス

旭山動物園から南下しおよそ50。もしくは富良野からも40分程で行けます。白金温泉へ向かう白金街道を走っているとその場所があります。ちなみにその街道も、信号がほとんどなく、まっすぐで自然豊かな道なので、ドライブコースとしても、とても楽しいです。

近くに駅やバス停などは全くありません。なので車で行くしかないです。白金温泉からも歩いて行けないことはないでしょうが、山道なので、行きは下りで良いですが、帰りはかなり大変なことでしょう。素直に車で行くようにしましょう。それかツアーにでも参加してください。カーナビやグーグルマップで『青い池』と検索するときちんと出てきますよ。

広いパーキングスペースもありますが、大変人気のスポットなので、よく混み合っています。

Apple社への壁紙採用

2012年にアップル社製品の壁紙の一つとして、青い池の写真が採用され、爆発的に有名になりました。

Iphoneを使っていた人は一度は見たことのある画像が、まさか日本の北海道で撮影されていたなんて、驚きです。

時間別青い池の様子

早朝

f:id:xiangcai925:20171012224531j:plain

撮影日2017年10月7日 撮影時間:06:40頃 編集は一切加えていません。

風がほとんどなく、池の水面が完全に鏡のようになっています。この日の日の出の時間は5:50くらいでしたが、まだ太陽は山の向こう側に隠れており、水面は太陽に照らされていません。そのためか、美瑛ブルーと称される、白みがかったミルキーブルーのような理想の色にはなっていません。

f:id:xiangcai925:20171012230229j:plain

角度を変えてもう1枚。右に見えますのは散策道なのですが、葉が黄色に色づきとても綺麗です。

f:id:xiangcai925:20171012230903j:plain

同日 09:10頃撮影 もちろん加工は一切無し!

どうですか!この見事な美瑛ブルーは!加工一切無しでこの鮮やかさは!池にも黄葉にも十分太陽光が当たり、理想の色が出せているかと思います。

ただし、この時間になると、もう風が強くなってきており、水面が波打ってしまっています。そのため早朝の時に見た鏡張りのような風景はもう見られません

最後に

結局何時くらいに行くのがオススメなのよ?と聞かれると、大変困ります。

早朝も朝以降もどちらも良い面、悪い面がありますから。どんな写真を撮りたいのかを明確にし、予定を組むのが大事かと思います。

単純にインスタ映えだけを求めるのであれば、色鮮やかに撮影できる朝以降に行くのが良いでしょうね。人気のスポットなので混み出す前に早めに行くのが良いでしょう。

私もせっかく早起きしたのだから、風が少ない状態で、池を日が照らすまで粘ればよかったのですが、眠気に負けて一度宿に戻って、二度寝をしてしまったんですよねぇ。(小声)・・・計画は無理なく立てましょう!