My Frist Class Trip

2018年2月末より、ファーストクラス&ビジネスクラスで世界一周しています。飛行機レポートや、観光情報などをお届け。

カタール航空ファーストクラス搭乗記 A380-800 ドーハ→ロンドン行 ビジネスクラスとの違いを徹底比較。QR3

f:id:xiangcai925:20180501172804j:plain

ファーストクラスとビジネスクラスで世界一周しております、パクチーです。この旅で一番楽しみにしていた、カタール航空ファーストクラスに乗ってきましたので、その搭乗レポートをお送りいたします。

前回のカタール航空ビジネスクラスでも相当サービスが良くて興奮していたのですが、果たしてファーストクラスではどのようなサービスを受けられるのでしょうか?

今回の記事ではビジネスクラスとファーストクラスの違いを中心にお届けします。ちなみにこちら↓が前回のカタール航空ビジネスクラスの記事でございます。

スポンサードリンク

 

ファーストクラスラウンジは、もはやホテルでした

素晴らしすぎて、皆様に教えたいことが多すぎて、かなり長くなってしまったので別の記事でまとめました。

ファーストクラスに乗る人だけしか入ることを許されない、超豪華なラウンジ。

このラウンジを利用できただけで、もうじゅうぶん満足してしまっている自分がいますが、旅のメインディッシュは飛行機に乗ってから!ワクワクしながら乗り込んでいきましょう。

本日のフライトデータ

f:id:xiangcai925:20180430163738j:plain

搭乗便:QR3便

機材:エアバス380-800

出発:カタール ドーハ ハマド国際空港 7:45発

到着:イギリス ロンドン ヒースロー国際空港 ターミナル4 13:15着

飛行時間:7h30m

座席:1K ファーストクラス

f:id:xiangcai925:20180430164113j:plainf:id:xiangcai925:20180430163800j:plain

画像クリックで拡大。画像はカタール航空公式HPより

A380と言えば、2階建ての大型機材。1階の座席は全てエコノミークラスとなっており、2階部分にファーストクラスとビジネスクラスが集約されています。

エコノミー席461席も有るのに対して、ビジネスクラスシート48席ファーストクラスに至ってはたったの8席のみ。

カタール航空の運行スケジュールと、ファーストクラス料金の確認はこちらのサイトが便利です。

航空券徹底比較『スカイスキャナー』

優先搭乗

f:id:xiangcai925:20180430165948j:plain

ドーハーロンドン便はカタール航空の中でもドル箱線なようで、かなりの数のお客さんが搭乗ゲート前で待っていました。その上、セキュリティチェックとはまた別で、搭乗直前にもう一度荷物検査をゲート待合室の前で荷物検査を行なわなければならないので、かなり混雑した状況でした。

ただ、こちらの写真は1階搭乗口の待合室を写したもの。エコノミークラスのお客さんのみの待合室となっています。

f:id:xiangcai925:20180430170312j:plain

前述のシートマップでもわかるように、ビジネスクラス/ファーストクラスは2階にまとまっているので、我々の搭乗口は2階からとなります。エコノミーの方々とは別の入り口でサクサク荷物検査を済ませ、搭乗しましょう~。

優先搭乗に関しては、ビジネスクラスと差別化はほとんど無さそうですね。

機内の設備を見ていきましょう。

座席について

f:id:xiangcai925:20180430170617j:plain

搭乗したら、CAさんに座席までアテンドしてもらうのはビジネスクラスに乗った時と同じです。

f:id:xiangcai925:20180430170636j:plain

本日のシートはこんな感じです。

f:id:xiangcai925:20180430170743j:plain

ファーストクラスシートの大きさは、縦83インチ(210.82cm)× 横23インチ(58.42cm)と、とても広々しています。そしてリクライニングは180度まで倒すことができ、フルフラットベッドにもなります。

ちなみにビジネスクラスの場合は、縦80インチ(203.2cm)× 横22インチ(55.88cm)と、あまりファーストクラスと差がありません。ひと回り大きい程度です。ビジネスクラスももちろんフルフラット使用。

エコノミークラスとは、大きく差が開いており、縦32インチ(81.28)× 横18.5インチ(46.99cm)

f:id:xiangcai925:20180430172220j:plain

座席の反対側には、オットマン(足置き)があり、こちらをもう一つのソファ代わりに使うことも可能。それを使って、お連れさんと対面で食事をいただけるようです。

f:id:xiangcai925:20180430172255j:plain

その足置きの下は荷物を置いておくスペースとなっています。カタール航空では、窓側の席頭上の物入れを撤廃していますので、荷物はここに置いておく必要があります。もしくはCAさんに別の場所で預かってもらってもらうか。

f:id:xiangcai925:20180430172330j:plain

f:id:xiangcai925:20180430172342j:plain

座席前方には個人ロッカーが設置されていますので、自身のコート・ジャケットはここに吊るしておけます。ただこのロッカーは狭いので、荷物はほとんど入りません。衣類専用で使うのが良いかと思います。

f:id:xiangcai925:20180430172433j:plain

座席通路側の肘掛付近を見ていきましょう。この上下のボタンを押すと、

f:id:xiangcai925:20180430172446j:plain

プライバシーウォールを上げたり下げたりできます。

f:id:xiangcai925:20180430172508j:plain

肘掛を開けたところ。(見えづらくって申し訳ないですが、)USBポートシートコントロールがございます。

f:id:xiangcai925:20180430172536j:plain

座席はランディング・リラックス・ベッドモードに変える物理ボタンの他に、こちらのタッチパネルで座席を細かく調整可能です。

f:id:xiangcai925:20180430172651j:plain

窓側のシート設備を見ていきましょう。座席奥には作業台兼ダイニングテーブルが収納されています。

f:id:xiangcai925:20180501145710j:plain

机はとても大きいです。

f:id:xiangcai925:20180430172707j:plain

こちらのポケットには安全のしおりや機内誌が。

f:id:xiangcai925:20180430172724j:plain

窓側収納部分には機内エンタメ用コントローラーペットボトルホルダーが。

f:id:xiangcai925:20180430172745j:plain

初めから水が1ボトル用意されてあるのは、ビジネスクラスと一緒で良いサービスですね。

f:id:xiangcai925:20180430172805j:plain

どでかい画面の機内エンタメスクリーン。大きさはなんと26インチ。まるでテレビのよう。

f:id:xiangcai925:20180430173202j:plain

画面とコントローラーは連動しています。

f:id:xiangcai925:20180430173758j:plain

スクリーン横に全タイプ対応のコンセント差し込み口があります。 席が広すぎるので、コンセントまで遠い!笑

f:id:xiangcai925:20180430173918j:plain

オシャレな読書灯は上下に動かすことができます。横にも動かすことができたら良かったのになぁ。

ここに住めるレベル!?のお手洗い

f:id:xiangcai925:20180430174225j:plain

こちらがカタール航空A380ファーストクラスのお手洗いです。今までの他社のお手洗いと比べても段違いに広い!そして綺麗。ソファに横になって眠ることができるレベル。

f:id:xiangcai925:20180430174254j:plain

一見どこにもトイレが無いように見えますが、入り口から一番手前のこちらの椅子に隠れています。

f:id:xiangcai925:20180430174316j:plain

椅子を開けるとこんな感じ。

f:id:xiangcai925:20180430174344j:plain

お手洗い内の蛇口もなんだかオシャレな感じです。

f:id:xiangcai925:20180430174359j:plain

お手洗いのアメニティもビジネスクラスと同じく、オランダのオーガニックコスメブランド「RITUAL」のもの。写真はハンドウォッシュ

f:id:xiangcai925:20180430174437j:plain

左からボディミストハンドローションフェイスローション

f:id:xiangcai925:20180430174457j:plain

洋服を着替えるのにも便利な、ハンガーまで用意されています。

f:id:xiangcai925:20180430174805j:plain

お手洗いの引き出しには便利なアメニティが色々収納されています。歯ブラシセットカミソリ綿棒セットヘアコームマウスウォッシュ

f:id:xiangcai925:20180430174955j:plain

お手拭き用にペーパータオルじゃなくて、リアルなタオルが用意されています。いつお手洗いに入っても、常に新しいタオルが用意されてあります。小まめに清掃されてあるのがよく分かります

超贅沢!飛行機内にバーがある

カタール航空名物、機内バー&ラウンジ

f:id:xiangcai925:20180430175104j:plain

機内後方、ビジネスクラスの座席を超えたところに、なんと機内にバー兼ラウンジがあるのです!さすがお金持ちの国、設備が豪華です。

こちらでお酒を注文して、ラウンジでゆったり座りながら、他のお客さんと交流することができます。もちろんファーストクラスとビジネスクラスの乗客専用のサービスとなっております。

f:id:xiangcai925:20180430175413j:plain

ラウンジの座席も広くってゆっくり時間を過ごすのに良いですね。

ただ、このバーはどちらかというとビジネスクラスのお客さん向けかな?と思いました。お酒はビジネスクラスで提供される物と同じなので、ランクがちょっと落ちまますし、ファーストクラスの場合はじゅうぶんすぎる程広い座席があるわけですし。

ミニバー

f:id:xiangcai925:20180430175615j:plain

ファーストクラス前方にもミニバーが設置されています。雑誌とちょっとしたジュース等。

f:id:xiangcai925:20180430175634j:plain

ミニバーのジュース

f:id:xiangcai925:20180430175932j:plain

ミニバーのスナックとグラス

超充実のアメニティ類

f:id:xiangcai925:20180501135327j:plain

枕兼クッションが二つ用意されています。

f:id:xiangcai925:20180501135345j:plain

ふっかふかです。

f:id:xiangcai925:20180501135404j:plain

ブランケットはビジネスクラスのものとほとんど一緒です。ベルベット素材で裏面はコットン。違いは裏面もカタールカラーの赤紫色になっているぐらい

f:id:xiangcai925:20180501135457j:plain

ヘッドフォンは素敵なポーチに入れられています。

f:id:xiangcai925:20180501135516j:plain

ただし中身はビジネスクラスと全く一緒です。ノイズキャンセリング機能付きで音声がバッチリ、クリアに聞こえます。

f:id:xiangcai925:20180501135542j:plain

最新機種A380は、機内wi-fi対応しています。フライト中ずっと使える無料クーポンを頂けます。ただしスピードは期待しない方が吉。使えるだけありがたいと思いましょう。

f:id:xiangcai925:20180501135616j:plain

ロンドンのイミグレーションカードと、ヒースロー空港で使える入国審査のファストパス。ロンドンはいつ行っても混んでいるのでありがたいです。

f:id:xiangcai925:20180501135716j:plain

カードを書くためのボールペンもいただきました。高級感があって、かっこいいです。ただしインクは青色

 

アメニティポーチもパワーアップしてる

f:id:xiangcai925:20180501135759j:plain

ファーストクラスのポーチはビジネスクラスのものよりもひと回り大きな物になっています。ビジネスの方は少し丸みを帯びた形でしたが、ファーストの方は四角。よりスーツケースっぽい見た目になっています。そしてハードケースタイプなので、中身をしっかり守ってくれそう。

f:id:xiangcai925:20180501135855j:plain

こちらのポーチもガバッと大きく開いて、出し入れしやすそう。

f:id:xiangcai925:20180501135924j:plain

こんなに大きく開くよ!くま吾郎さんと同じ身長くらい。

ファーストクラスで貰える方が、より本家ブリックスのスーツケースと似ていますね!お揃いで持ちたくなる。

さて、気になるポーチの中身も全て覗いていきましょう。

f:id:xiangcai925:20180501140101j:plain

片方のポケットに、このような状態で入っていました。

f:id:xiangcai925:20180501140152j:plain

ポーチとお揃いの黄色のアイマスク

f:id:xiangcai925:20180501140214j:plain

ビジネスのものと全く一緒の作りです。

f:id:xiangcai925:20180501140234j:plain

厚手の黄色い靴下。こちらもビジネスのものと一緒。

航空のこの便ではスリッパは頂けませんでしたが、この靴下で機内を移動しても良いということでしょうか?もしくは持参した方が良さそうですね。

f:id:xiangcai925:20180501140344j:plain

アイマスクと靴下は、この柔らかい革製のネームタグでまとめられていました。

f:id:xiangcai925:20180501140416j:plain

耳栓ケースとイヤープラグ。

f:id:xiangcai925:20180501140433j:plain

反対側のポケットも見ていきましょう。まずはヘアブラシ。まるで高級スパブランドで売られているブラシの小さい版。

f:id:xiangcai925:20180501141136j:plain

空気穴が空いており、クッションのようになっているので、ブラシで頭皮をプッシュしてヘッドマッサージとしても使えます。ブラシの先端が丸みを帯びているのも、頭皮に優しくてGOOD。

f:id:xiangcai925:20180501141206j:plain

化粧品類はさらにこのポーチの中でまとめられています。化粧品はビジネスクラスと同じく「MONTE VIBIANO」コラボコスメ。

f:id:xiangcai925:20180501141230j:plain

シティクリーム20ml ビジネスクラスでいただく物と全く一緒ですが、ビジネスクラスは15ml、内容量が増えており、ひと回り大きなサイズ。このクリームだけで、なんと6700円相当です。

f:id:xiangcai925:20180501141907j:plain

フェイシャルミスト30ml こちらもビジネスクラスで頂いたもの(20ml)と一緒の物ですが、ひと回り大きなサイズです。

f:id:xiangcai925:20180501142456j:plain

リップバーム。こちらはビジネスクラスと量まで同じです。

NIGHT ANTI AGING Recovery Cream 20ml

f:id:xiangcai925:20180501142650j:plain

ナイトクリーム20ml こちらはビジネスクラスのポーチには入っておらず、ファーストクラス限定です。公式ショッピングサイト(リンクは下に↓)を確認したところ、30mlで118ユーロで販売されていました。日本円だと約1万5千円強(2018年5月のレートで)と超高級なクリームでした。つまりこのクリームだけで、なんと1万円相当!!

なんて超豪華なポーチなんだ!

お楽しみの機内食&サービスタイム

ウェルカムドリンク

f:id:xiangcai925:20180501143955j:plain

ウェルカムドリンクは各種ジュースシャンパン飲むヨーグルトから選ぶことができます。珍しいし、朝なので私はヨーグルトを頼んで見ました。

気になるお味は、砂糖なしのリアルヨーグルトという感じで、全然甘くなかった、、、。次は普通にシャンパンを頼もうかな。

f:id:xiangcai925:20180501144437j:plain

ウェルカムドリンクを頂いた後、さらに中東名物デーツ(ナツメヤシ)アラビアコーヒーが振舞われました。デーツには女性に嬉しい栄養素がたっぷり詰まっているのに、低カロリー。巷で話題のスーパーフードです。

f:id:xiangcai925:20180501144925j:plain

アラビアコーヒーは、おちょこのような小さなコップで振舞われます。カルダモンと呼ばれるスパイスが入っているそうで、少し独特な風味をしています。

ドリンクメニュー

f:id:xiangcai925:20180501150036j:plain

f:id:xiangcai925:20180501150050j:plain

f:id:xiangcai925:20180501150114j:plain

f:id:xiangcai925:20180501150133j:plain

f:id:xiangcai925:20180501150150j:plain

f:id:xiangcai925:20180501150205j:plain

ドリンクメニューは、一銘柄につき一ページ割り振られており、写真も大きくて見やすいです。

f:id:xiangcai925:20180501150654j:plain

カタール航空のビジネスクラスでは1本4千円程度のシャンパンが搭載されていました。ところがファーストクラスでは「シャンパンの帝王」こと「KRUG」が搭載されています。誰もが認めるフランスの最高級メーカーです。

値段を見てビックリ。絶対普段はこんなの飲まない(飲めない)わ。

違いのわからない女に、こんな高級品を与えるなんて、、、実にもったいない。

機内食メニュー

f:id:xiangcai925:20180501151519j:plain

f:id:xiangcai925:20180501151544j:plain

f:id:xiangcai925:20180501151613j:plain

機内食はビジネスクラスと同じくアラカルト方式で、好きなものを好きなだけ、好きな時間に頼むことができます。私は朝食はスターターから2品、メインから1品お願いしました。

朝食のお時間です

f:id:xiangcai925:20180501152324j:plain

まずはジュースからサーブされます。コールドプレスのキャロットジュース。野菜とは思えないくらい、優しい甘さ。

f:id:xiangcai925:20180501152610j:plain

続いてパンのバスケット盛りが運ばれてきます。クロワッサン、チョコレートツイスト、白パン。

f:id:xiangcai925:20180501152736j:plain

特にこのチョコパンが非常〜に美味しかった。ほんのり暖かい状態でサーブされるのもイイね。

f:id:xiangcai925:20180501152936j:plain

そしてメインから一品、メニューに「Pneer masala lenyil pancakes」と書かれた謎の料理を注文してみた。インド風パンケーキ。ウプマ(クスクスとおからを足して2で割ったような味)という南インドの伝統料理が添えられています。正直好みの味ではなかった。

f:id:xiangcai925:20180501160933j:plain

次に運ばれてきたのは、スターターから「季節のカットフルーツプレート

どのフルーツも水々しくってとても美味しい!

f:id:xiangcai925:20180501161155j:plain

そして最後にグリークヨーグルト。ラズベリーソースとローストされたグラノーラがトッピングされており、とても満足感のあるデザートでした。

小腹が空いたらいつでも軽食を注文できますよ

たとえラウンジと機内でお腹いっぱい食べたとしても、7時間も飛行機に乗っていたら、もちろんお腹がだんだん空いてくるものです。そんな時はいつでも、好きな時にCAさんにお食事を運んできてもらうよう頼めるのです。そこがファーストクラスやビジネスクラスの良いところ。

f:id:xiangcai925:20180501161744j:plain

昼食がわりにポモドーロパスタを注文。想像していたより量が少なかった。メインのパスタはともかく、サイドのラスクが美味しかったです。

最後に

カタール航空ビジネスクラスとファーストクラスの比較レポート、いかがでしたでしょうか?

正直なところ、フライトだけで言うと、ビジネスと2倍も離れる航空券料金の割に、そこまで差を感じませんでした

機内食にそれほど差を感じませんでしたし(カタール航空のビジネスクラスがファーストクラス並みとも言える)、座席も数字上はほとんど大きさが変わりません。アメニティポーチが少しだけ豪華になっている程度でしょうか。

ある意味、一番の利点はカタール航空のファーストクラスラウンジを使えることかもしれません。

超贅沢な体験を提供してくれた、カタール航空の航空券の購入と、ファーストクラスの運賃の確認はカタール航空公式サイトウェブサイトから

上質のサービス、そしてとてもお得な運賃。 カタール航空で快適な空の旅を。

多少辛口なことも書きましたが、それでも私は死ぬまでにもう一度カタール航空のファーストクラスに乗りたい。そう思わせられる程最高に素晴らしい体験をさせてもらいました。強くオススメすることのできる航空会社です。

今回も最後まで読んでくださって本当にありがとうございます。ファーストクラスで世界一周はまだまだ続きます。もしよろしければ、また次回も見てくださいね〜。

スポンサードリンク