My Frist Class Trip

2018年2月末より、ファーストクラス&ビジネスクラスで世界一周しています。飛行機レポートや、観光情報などをお届け。

もはやホテル!七つ星空港ラウンジ「カタール航空アル・サファ・ファーストクラスラウンジ」はこの世の贅をつくしてた

f:id:xiangcai925:20180427035720j:plain

ファーストクラスとビジネスクラスで世界一周しております、パクチーです。さて本日の記事では、カタールドーハハマド国際空港にございます、カタール航空アル・サファ・ファーストクラスラウンジの滞在レビューについて書きたいと思います。

前回のビジネスクラスでも相当興奮したのですが、今回はファーストクラスです。一体どんなおもてなしが受けられるのでしょうか?早速見ていきましょう。

ちなみにカタール航空ビジネスクラスの搭乗記はこちら↓

スポンサードリンク

 

ラウンジに入る前からサービスは始まっている

f:id:xiangcai925:20180425075001j:plain

ホテルから空港までタクシーで移動していたのですが、空港に着く前に運転手さんから「カタール航空のエコノミーとビジネスクラス、どっちに乗る予定なんだい?」と聞かれます。実はファーストクラスなんだよねぇ、とニヤニヤ思いながらも「ビジネスです」と答えます。

どうやらファーストクラス/ビジネスクラス専用の空港入り口があるようで、そちら側に降ろしてもらいました。

f:id:xiangcai925:20180425075728j:plain

その入り口前にはポーターさんがいて、大きな荷物を下げているお客さんはエスコートを受けていました。私の場合はカタールはトランジット扱いなので、前日すでにスーツケースを預けており、こちらのサービスは利用しませんでした。

f:id:xiangcai925:20180425080341j:plain

入り口すぐ入ってすぐの所です。

f:id:xiangcai925:20180425080418j:plain

「ファースト」の案内がある方へ進んでいきましょう。すると、

f:id:xiangcai925:20180425080502j:plain

うわーお、ビックリ!!ファーストクラスのチェックインカウンターはこんな感じにズラーっと並んでおります。これだけカウンターが並んでいたら、待たされることはほぼ無いでしょうね。

f:id:xiangcai925:20180425080707j:plain

カウンターは一つ一つ壁で仕切られています。

f:id:xiangcai925:20180425081053j:plain

カウンターすぐ横にソファが設置されています。観察したところ、お客さんはソファにずっと座ったまま、パスポートを預けるだけで全て完了するようです。スーツケースはもちろんポーターさんが運んできてくださいますし。

f:id:xiangcai925:20180425082016j:plain

ファーストクラス専用セキュリティチェックは、そのカウンターのすぐ横にありました。そしてその後の出国審査までファーストクラス専用

それを抜けると、ファーストクラスラウンジ直結のエスカレーターが見えます。ラウンジに入る前から、全てがストレスフリーでした。

アル・サファ・ファーストクラスラウンジ入場資格

ラウンジへの入場資格は、

カタール航空、もしくはワンワールド加盟の航空会社運行フライトのファーストクラス利用の方のみ

ファーストクラスのチケットを持っていない同行者の利用は認められていません

さらに、上級会員でファーストクラスラウンジ利用資格を持っている方、つまりワンワールドのエメラルド会員であっても、入ることができません

あくまでファーストクラス利用の方のみのためのラウンジなのです。なんという特別感…!

ワンワールド上級会員でエコノミークラス利用の方は「Qatar Airways ファーストクラスラウンジ」という、また別のラウンジが用意されています。

魅惑の七つ星ラウンジの中は一体どうなっているの?

f:id:xiangcai925:20180425090502j:plain

前述のエスカレーターを上ったところすぐにラウンジの受付がございます。

f:id:xiangcai925:20180425090620j:plain

エントランス横の通路。…広い!

f:id:xiangcai925:20180425090822j:plain

なんなんだ、この無駄に広いスペースは。ラウンジの真ん中に噴水があります。高級ホテルかよー!!上記入場資格のように、限られた人しか入られないため、ラウンジ内にはほとんどお客さんを見かけません(早朝だからというのもあるかもしれませんが)。この贅沢なスペースを、ほぼ独り占めできるのです。

何もかもが贅沢な作りになっており、興奮が抑えられませんが、とりあえず朝食をいただきに、ダイニングコーナーへ向かいます。

ラウンジ内にレストラン!?

f:id:xiangcai925:20180425091153j:plain

ダイニングコーナーもとっても広い!

f:id:xiangcai925:20180425091222j:plain

もはやラウンジと呼ぶより、レストランである。本格的なレストラン同様、給仕さんからメニューを渡されます。

f:id:xiangcai925:20180425091352j:plain

私がラウンジを訪れた時間は早朝6時、この時間は朝食メニューのみの用意だそうです。メニューの写真のみ大きいサイズのままでアップロードしていますので、文字が読みにくければ拡大してください。

パンケーキ、スムージー、プレミアムティーをオーダー。

f:id:xiangcai925:20180425092955j:plain

まずは飲み物から運ばれてきました。一般のラウンジのように料理を取るために、いちいち席を外さなくて良いのです。全てスタッフさんが運んできてくださいます。

スムージーはベリー系。これが絶品!甘すぎないけど、甘い、絶妙なバランス。レシピが知りたい。

f:id:xiangcai925:20180425093212j:plain

紅茶はディルマー社のプレミアムラインのもの。文句なしに美味しい。

f:id:xiangcai925:20180425092930j:plain

パンケーキはフワッフワ!生クリーム・フルーツ・メイプルシロップが添えられています。盛り付けも美しくって、まさにインスタ映えします。

f:id:xiangcai925:20180425093540j:plain

何もかもがプレミアム!

全種類の朝食を制覇したいところですが、機内での食事も楽しみなので、腹ごしらえはこれぐらいに控えておきます。

本格的なスパまであるよ

食事を済ませた頃、ある職員さんがこちらまでやってきて、「もしよろしければ、マッサージやスパを受けてみませんか?それとも、見学だけでも案内致しますよ。」と提案しにきてくださいました。搭乗の関係で、エステを受ける時間はほぼ無かったのですが、スパ内の見学だけさせていただくことに。

f:id:xiangcai925:20180425094614j:plain

スパまでの道中、ラウンジの説明までしてくださいました。

私どものラウンジは、世界でも珍しい七つ星のラウンジなんですよ。そしてファーストクラスラウンジで世界1位に選ばれているんです。

前回のビジネスクラスレポートでも触れましたが、スカイトラックス社が毎年格付けをする2017ワールド・エアライン・アワード。そうです、カタール航空は総合優勝、ビジネスクラス部門だけでなく、ファーストクラスラウンジ部門でも第一位を獲得しているのです。

f:id:xiangcai925:20180425095532j:plain

そうこうしている間にスパへ到着しました。スパ内にはいくつもの部屋が存在しています。こちらはバスルーム。この部屋の利用料金は200QAR。日本円にして6000円。高いと取るか、価値があると取るか。

f:id:xiangcai925:20180425095641j:plain

広くて贅沢なバスタブです。そして当然のようにジャグジーです。

f:id:xiangcai925:20180425095845j:plain

カップルでも利用できるように、シャワーは二つ!

f:id:xiangcai925:20180425100710j:plain

フットマッサージやネックマッサージを受けるためだけのお部屋

f:id:xiangcai925:20180425100801j:plain

マニュキュア・ペディキュアをするためだけのお部屋

f:id:xiangcai925:20180425100848j:plain

f:id:xiangcai925:20180425100926j:plain

エステルームもございます。

f:id:xiangcai925:20180425101313j:plain

パウダールームも用意されてあり、お風呂上がりの身支度はここでできます。

まるで一流ホテルのようなお手洗い

 

さてここからはラウンジの施設を色々探検してみましょう。

f:id:xiangcai925:20180425102910j:plain

この部屋は何だと思いますか?

実はこれ、お手洗いの中なのです。先にお手洗いが終わって、お連れさんを待たなきゃいけないって時にこのスペースを利用するのだと思います。知らんけど(関西人の常套句)

f:id:xiangcai925:20180425101242j:plain

肝心のトイレももちろん綺麗〜〜〜。

f:id:xiangcai925:20180425103229j:plain

ハンドドライヤーでも紙でもなく、タオルが用意されています。なんて贅沢なんだ…!

f:id:xiangcai925:20180425103557j:plain

椅子付きのパウダールームもあるので、ここでメイクを済ませることができますね。もちろん化粧落としも。

チェアコーナー

f:id:xiangcai925:20180425104036j:plain

普通の椅子のコーナーもございます。椅子も本当はたくさん用意されているのでしょうが、あまりにもラウンジが広いので、少なく感じてしまうのは私だけでしょうか。

こちらは顔が見えないような作りになっている椅子。

f:id:xiangcai925:20180425104316j:plain

椅子は当たり前のように革張りでございます。

f:id:xiangcai925:20180425104431j:plain

コンセント差し込み口(全タイプ対応)とUSBポートが二つ

f:id:xiangcai925:20180425104526j:plain

席に用意されているタブレットでフライト状況を確認することができます。さらに、自分のフライトナンバーを入力すればボーディングタイムなどをアラームでお知らせしてくれます。

その他・ラウンジ施設を駆け足でご紹介。

そうこうしている間に、搭乗時間が迫ってきました。ここからは駆け足でラウンジの中身を紹介いたします。

もっと早くからラウンジに到着しておくべきだったのでしょうが、いかんせん早朝便…。早起きは苦手なのです、、、。

f:id:xiangcai925:20180426053712j:plain

ラウンジ内に免税店まであります。

f:id:xiangcai925:20180426053814j:plain

チラッと免税店を覗いてみましたが、高そう〜な時計や洋服ばかり売られていました。あまりにも場違いだったので、すぐに引き返しました。

f:id:xiangcai925:20180426054056j:plain

ゲームルームというコーナーまであるみたいです。

これ以上写真も撮れていないのですが、この他にも、まるで映画館のような設備のテレビルームがあったり、最大6時間まで仮眠をとることができるクワイエットルーム(シャワーも併設)があったり、と至れり尽くせりな施設でした。

世界一の素晴らしい体験を提供してくれる、カタール航空の航空券の申し込みとファーストクラスの運賃の確認はこちらから(広告)

最後に

七つ星空港ラウンジと名乗るだけあって、この世の贅を尽くしまくった施設でした。このラウンジを利用しただけで、ファーストクラスの料金の元はじゅうぶん取れたと思います。

27歳にして、このファーストクラスラウンジを利用してしまって、私は不幸です。なぜなら今後の人生、他のファーストクラスラウンジを利用することができたとしても、今回の体験以上に感動することはもう二度と無いだろうから

伝えたいことが多すぎて、今回も長〜い記事になってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございます。次回の記事ではついにカタール航空のファーストクラス搭乗記を更新する予定でございます。ではまた見てくださいね♪

(追記)更新しました

旅のお供にいかがでしょう?

スポンサードリンク