My Frist Class Trip

2018年2月末より、ファーストクラス&ビジネスクラスで世界一周しています。飛行機レポートや、観光情報などをお届け。

中国土産はココで決まり!無錫・南長街で見つけた陶器屋が可愛い件

f:id:xiangcai925:20180817182655j:plain

ニーハオ🌸中国は無錫市に旅をしてきました。どうもパクチー(@xiangcai925  )です。

旅の悩みの一つに「お土産どうしようか問題」ってありませんか?(悩みだけど楽しみの一つでもあるけど)

中国(上海・無錫市)を旅していて、

中国のお土産は、もう全部ココで良いじゃん

と思った素敵な雑貨屋さんを見つけたので、紹介します。

なおこの記事で紹介するのは、仲の良い友達や家族へ向けたお土産です。もちろん自分用にも。(予算1000円〜5000円程度

では、早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

 

「陶忆生活」Memory Ceramic Life

 住所:南長街363号陶忆生活

営業時間:毎日10時〜23時

無錫屈指の観光名所「清名橋古運河景区」の中に店を構えます。
周辺は古い街並みがそのまま残されたエリアで、よく写真撮影されている観光客が多くいます。

南長街(清名橋古運河景区)は無錫市にあり、上海虹橋空港直結の「上海虹橋駅」から「無錫駅」まで新幹線で約50分程度で移動できます。
なお詳しい行き方と詳細は過去の記事でまとめていますので、こちらをご覧くださいませ。

f:id:xiangcai925:20180816001225j:plain

南長街へ着いたら、大きな門が見えてきます。こちらの門を通ってただただまっすぐ進んでいきましょう。(※大きな門は景観区の各入り口に設置されてあるので、必ず地図で確認してください)

f:id:xiangcai925:20180817143049j:plain

まっすぐ進むと、お店が見えてきました。門構えは上の画像のような感じです。
中にはなかなか多くのお客さんがいますね。

f:id:xiangcai925:20180817144036j:plain

このお店の正体は陶器屋さんでした。
特にマグカップが多く取り揃えられていて、デザインも中華風なものからモダンなものまで様々。

お店の人にお話を伺うと、どれも自社工房で手作りされているものばかりなんだとか!

英語の豆知識

陶磁器のことを英語で「china ware」と表現します。
つまり中国は陶器の本場!お土産にピッタリな理由の一つです。

f:id:xiangcai925:20180817144403j:plain

真っ白でシンプルな中に、凝ったワンポイントがあしらわれたマグ。めっちゃ可愛い〜!
絶対許可取ってないであろうキャラクターものも一部ありました。

f:id:xiangcai925:20180817144810j:plain

デザインが凝ったものになればなるほど当然お高くなりますが、だいたいの物は65元で販売されています
日本円にして約1050円程度。(2018年8月現在のレートで。1元≒16.09円)
手作りもので、可愛いデザインでこのお値段。お買い得ですよね。

ちなみに価格はマグやお皿の底に記載されています。参考まで。

f:id:xiangcai925:20180817145940j:plain

これとかめっちゃ可愛くないですか?
そこに犬や謎のキャラクターの陶器製の人形がくっついているんです。

コーヒーなど色の濃い飲み物を入れると、見えなくなってしまうんですが、飲み進めている内に人形が見えてくるようになるんです。

f:id:xiangcai925:20180817150256j:plain

カップルで使うのにぴったりなコップセットもありました。
いかにも中国風な柄と素材ですが、あえての手書き感が良い!意外とどんな部屋の雰囲気にもマッチしそう。
新婚カップルさんへのお土産にいかがですか?

f:id:xiangcai925:20180817151235j:plain

このお店の中で一番気に入ったのは、こちらのマグカップ。
一見普通の中華風柄が可愛いだけのマグカップです。

しかし、このマグカップには明の時代から伝わる「蛍手(ほたるで)」と呼ばれる技法が使われているんです。

蛍手とは…?
文字を見るより、まずは写真を見てください。

f:id:xiangcai925:20180817153224j:plain

/ピッカー\

蛍手とは、すかし彫りをした部分に釉(うわぐすり)を詰めふせぎ、焼き上げる技法のこと。ライトにかざすと、すかし彫りの部分から光が漏れて美しい模様を描きます。

マグカップとして使うのはもちろん、カップの中にアロマキャンドルを入れて、間接照明として使うのもアリだと思います。

f:id:xiangcai925:20180817165726j:plain

このお店で販売しているのはマグカップだけではありません。陶磁器のストラップやスプーン

f:id:xiangcai925:20180817165854j:plain

子供用のスーパーラブリーな食器セット

f:id:xiangcai925:20180817170024j:plain

ただの置物

f:id:xiangcai925:20180817170047j:plain

一輪挿し用の花瓶など。

色々紹介しましたが、これでもほんの一部しか紹介できていません。ぜひあなた自身の目で、自分のお気に入りを見つけてくださいね。

注意:支払い方法

f:id:xiangcai925:20180817172105j:plain

このお店に限らず、中国のお店全体的に言えることですが、VISAやJCBなど海外のクレジットカードが全く使えません
支払いには現金が必須です。もしくは上記QRコード経由で電子マネーで支払うか、銀聯カードを使うか。

旅情報

f:id:xiangcai925:20180816201911j:plain

ホテルに宿泊するなら「ホテル ニッコー無錫  」が立地の面でも清潔感の面でも価格の面でも、一番オススメです。

南長街すぐ正面にそのホテルがあり、「陶忆生活」ももちろんすぐ近く!徒歩8分で行けます。

 agodaで「日航ホテル無錫」を予約する
 booking.comで空き状況を確認する
 Expediaで料金を確認する

飛行機は「羽田ー上海虹橋」便が便利です 

f:id:xiangcai925:20180817181800j:plain

無錫市へは、上海から新幹線(高速鉄道)で1時間以内と気軽に行けるのが魅力です。新幹線「上海虹橋」駅には空港から直結で行けるので、上海虹橋空港行きの便に搭乗するのが便利ですね。

日本からの便はほとんどが上海浦東行きのものがほとんどなのですが、探せば有ります。数は少ないですが。

航空券を探すなら以下のサイトが便利です。

 スカイスキャナーで一括比較
 格安航空券なら「エアトリ」

スポンサードリンク