My Frist Class Trip

2018年2月末より、ファーストクラス&ビジネスクラスで世界一周しています。飛行機レポートや、観光情報などをお届け。

ルフトハンザセネターラウンジ(ニューヨークJFK)レビュー!JAL利用で使えます

f:id:xiangcai925:20180727020134j:plain

三度の飯より飛行機と空港ラウンジが大好き、どうもパクチーです。

ファーストクラスとビジネスクラスで世界一周してきて、今まで搭乗記を書いてきたのですが、この旅最後のフライトとなってしまいました。
搭乗するのは、ニューヨーク発羽田行きJL5便。我らがJAL(日本航空)のファーストクラスです。

今回の記事は、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港ターミナル1にある「Lufthansa senator Lounge」の体験レポートを中心に、飛行機に搭乗するまでのJALの“ファーストクラスな”サービスを紹介します。

スポンサードリンク

 

ファーストクラス専用チェックインカウンター

f:id:xiangcai925:20180724194941j:plain

飛行機に乗り込む前からファーストクラスのサービスは始まっています。

まず最初のサービスは、ファーストクラス専用チェックインカウンター
搭乗手続きや荷物を預けるのに、いつも人で混み合っていますが、ファーストクラス専用レーンを使えば、ほぼ待ち時間なしで利用できます。

VIP対応のセキュリティチェック

搭乗手続きをすませると、グランドスタッフさんに別室に連れて行かれました。
どこかと思えばそこは、セキュリティチェック(保安検査場)のVIPルームでした。

そこは、電子機器をカバンの中から整理したり、ベルトや靴などを脱いだりと、保安検査の準備ができる部屋でした。
仕分けた荷物は全て職員さんが運んでくださり、通常セキュリティチェックの並びに割り込みさせてもらいました。

世界中の利用者でかなり混雑しているセキュリティチェックも、待ち時間なしストレスなしで通過できるのは最高ですね!!

JAL利用の方が使えるJFKのラウンジ一覧

f:id:xiangcai925:20180726230318p:plain

以前までは、JALのニューヨーク便利用の場合は「エールフランスラウンジ」のみ利用可能でした。
ですが2018年1月16日より新たに「ルフトハンザ ビジネスラウンジ及びセネターラウンジ」が解禁

エールフランスのラウンジはかなり混雑しており、ラウンジに入っても座れないということが多く大不評でしたが、
ルフトハンザラウンジが使えるようになってかなり便利になりました。

f:id:xiangcai925:20180726231122p:plain

今回私が紹介する「ルフトハンザ セネターラウンジ」はJAL上級会員(ワンワールドエメラルド会員相当)の資格をお持ちの方でも入室可能。

他のラウンジの利用資格は以下の通りです。

f:id:xiangcai925:20180726231147p:plain

f:id:xiangcai925:20180726231225p:plain

Lufthansa Senator Loungeレポート

f:id:xiangcai925:20180724204715g:plain

JFK国際空港 ターミナル1の地図。画像はJALホームページより

ヨーロッパ系で唯一「五つ星」に格付けされたドイツの航空会社、Lufthansa(ルフトハンザ)のSenator Lounge(ファーストクラスラウンジ)を利用することができます。地図を見たらわかるように、ラウンジはセキュリティチェックを抜けてすぐ左手側に入り口があります。

施設

f:id:xiangcai925:20180724204256j:plain

ラウンジに入ったところ。
この写真は通常のルフトハンザビジネスラウンジのもの。
ファーストクラス利用の方はもちろん、ビジネスクラス利用の方やJALの上級会員(サファイア以上)の方も利用できます。

入り口でチケットを確認されたところ、「あなたはsenator loungeを使えますので、横のエレベーターから上に行ってください」と案内されました。

f:id:xiangcai925:20180725012942j:plain

エレベーターには「B階」「S階」「P階」と書かれており

え、どっちを押せばいいの!?

と一瞬あせりました。
よくよく考えてみると「S階= Senator」「B階= Business」の略ですね。
ちなみに「P階」が何の略なのかはわかりませんが、ワインダイニングルームへ繋がっています。
ダイニングルームは午後2時まで営業していないので、P階には止まりませんでした。

f:id:xiangcai925:20180725014255j:plain

こちらはルフトハンザセネターラウンジの内装です。
パッと見、通常ラウンジとあまり変わりがないような印象です。
どちらも窓が大きくて、明るくて心地よい雰囲気なのは好印象。
飛行機の離発着の様子も見ることができます。

10時頃にラウンジに着いたのですが、お客さんのほとんどが日本人でした。

f:id:xiangcai925:20180726234556j:plain

食事に便利なテーブルがあったり、ソファ席の近くにはコンセント差し込み口があったり、必要最小限の設備は揃っています。

f:id:xiangcai925:20180726234710j:plain

他のラウンジと違う点は、ハンガーラックが用意されていること。
大切なスーツやコートがシワにならない、気の利いてるサービスです。

f:id:xiangcai925:20180727000918j:plain

セネターラウンジの上は、ワインとお食事を楽しめるダイニングコーナーとなっています。しかし残念ながらこのコーナーの営業時間は午後2時からとなっているので、JAL利用者は時間的に利用できません。

補足説明:出発時間

JL3便(JFK→成田)11:40出発
JL5便(JFK→羽田)13:25出発

その他の航空会社の運行スケジュールの確認はこちらのサイトが便利です。

航空券徹底比較『スカイスキャナー』

シャワールーム

シャワールームも用意されていますが、2部屋のみ
スタッフさんに写真だけ撮らせて欲しいと頼んだのですが、残念ながらどちらの部屋も使用不可で覗き見できませんでした。

ラウンジ飯

f:id:xiangcai925:20180725023502j:plain

ラウンジ利用で一番の楽しみといえば、そう、ラウンジ飯。ルフトハンザのラウンジ飯はどんなものか見ていきましょう。

f:id:xiangcai925:20180725023524j:plain

ラウンジ飯はサラダが中心。トマトやオリーブなど好きな野菜をチョイス。

f:id:xiangcai925:20180725023651j:plain

おしゃれな調味料類

 

f:id:xiangcai925:20180725023638j:plain

私がチョイスしたラウンジ飯。
暖かいメニューは、スクランブルエッグとウィンナーぐらいしかありませんでした。

f:id:xiangcai925:20180725023615j:plain

バーカウンターも設置してあり、ラウンジでゆっくりお酒を楽しめます。

ファーストクラスラウンジだというのに「全然大したことない」というのが正直な感想。

最後まで読んでくださってありがとうございます♪
次回の更新ではついにJALファーストクラスの体験記をお送りします!
また次も読んでくださいね〜。

スポンサードリンク