My Frist Class Trip

2018年2月末より、ファーストクラス&ビジネスクラスで世界一周しています。飛行機レポートや、観光情報などをお届け。

フィンエアーのビジネスクラスはオシャレだけどエコだった。ビジネスクラス搭乗記 A350 AY1332便

f:id:xiangcai925:20180416022746j:plain

ファーストクラスとビジネスクラスで世界一周しております、パクチーです。さて今回のフライトはロンドン発フィンランド行きのビジネスクラス、フィンエアーで飛んできました。

ヨーロッパ内の短・中距離線はどの航空会社も古くて小さい機材を使いがちなのですが、フィンエアーのロンドン便はA350-9という最新中型機を使用しております。

3時間弱という短いフライトですが、フィンエアーの最新機種を満喫して、隅々までレポートしたいと思います。

スポンサードリンク

 

フライトデータ

f:id:xiangcai925:20180414082557j:plain

搭乗便:AY1332

機材:エアバス350-9

出発:イギリス ロンドン ヒースロー国際空港 ターミナル3 10:20発

到着:フィンランド ヘルシンキ ヴァンター国際空港 ターミナル2 15:15着

飛行時間:2h55m

座席:5A ビジネスクラス

f:id:xiangcai925:20180414082616j:plain

画像はフィンエアー公式HPより。シートマップは画像クリックで拡大します。

フィンエアーの運行スケジュールと、ビジネスクラス料金最安値の確認はこちらのサイトが便利です。

航空券徹底比較『スカイスキャナー』

機材

f:id:xiangcai925:20180414082928j:plain

機内に入ってすぐのところ。ビジネスクラスのシートは1席−2席−1席の並びとなっており。全ての席が通路に面しています

f:id:xiangcai925:20180414083145j:plain

私の席は5A。機内は全体的に白色を基調としておりシンプルなデザイン。フィンランドデザインのクッションがアクセントとなっており、かなりオシャレな室内

f:id:xiangcai925:20180414083431j:plain

インスタ映えってやつですわぁ

f:id:xiangcai925:20180414083659j:plain

足元も広々。

f:id:xiangcai925:20180414083747j:plain

足元は段差ができており、最初から足置きとなっています。

f:id:xiangcai925:20180414083846j:plain

頭付近に機内エンタメ用リモコンイヤホンジャックUSB充電ポート、コンセント差し込み口(全タイプ対応)

f:id:xiangcai925:20180414084149j:plain

読書灯も頭付近に。自由に調整可能です。

f:id:xiangcai925:20180414084710j:plain

席の調整は細かくできます。もちろん席はフルフラットにもなりますよ。

f:id:xiangcai925:20180414084534j:plain

足元にペットボトルホルダーと、機内誌などが入ったマガジンラック。

f:id:xiangcai925:20180414084240j:plain

通路側の肘掛付近に小物入れが。

f:id:xiangcai925:20180414084319j:plain

三角形の形だったので、小さいカバンを入れようにも、引っかかってしまい入れられなかった、、、。

f:id:xiangcai925:20180414085035j:plain

作業台&ダイニングテーブルはコンパクトに収納されてありました。

f:id:xiangcai925:20180414085451j:plain

機内エンタメのスクリーンは大型画面で楽します。ホーム画面では、食事の時間や到着時間がわかりやすく表示されています。これは良いね!

お手洗い

f:id:xiangcai925:20180414085906j:plain

はい、せまーい。

f:id:xiangcai925:20180414085935j:plain

お手洗いのアメニティはハンドウォッシュのみと簡素。メーカーもいわゆる高級ブランドのものではありません。

アメニティ

f:id:xiangcai925:20180414090119j:plain

ヘッドフォンではなくてイヤフォン型。簡素である。アメニティ、以上。

良いように言うとエコ。余分なサービスは一切ありません。正直なことを言うと、残念だなぁ。ヨーロッパ線なんて、こんなものなのか。

電子サービスが面白い

アメニティには正直がっかりしてしまったのですが、これは良いと思ったのは電子書籍のサービス。

機内wifi対応で、フィンエアーの専用サイトを見るだけなら無料です。そのサイトから電子書籍を読むことができるのです。

f:id:xiangcai925:20180414091825p:plain

日本の雑誌にも対応していました。

ビジネスクラスは1時間wifi無料

f:id:xiangcai925:20180414091806p:plain

ビジネスクラス・プレミアムエコノミー・フィンエアー上級会員の方のみ、機内wifi1時間無料サービスを受けられます。

ただし、人工衛星から通信を受け取るシステムなので、速度は遅いです。機内で画像を送信するぐらいなら楽しめます。

f:id:xiangcai925:20180414092445p:plain

通常の場合1時間7.95ユーロ。高いと取るか、安いと取るか・・・。

 

機内食タイム

f:id:xiangcai925:20180414093859j:plain

いわゆるウェルカムドリンクは配られませんでした。サービススタートは離陸してベルト着用サインが消えてから。

シャンパンを手始めに注文したところ、ミニボトルを丸々1本頂けました。ペーパーナフキンはマリメッコデザインでオシャレ。

f:id:xiangcai925:20180414094301j:plain

お酒と共に配られたおつまみは、コーンスナック。お味はポップコーンの塩味って感じ。美味しくって、手が止まらなかった。

メインの機内食は? 

私が利用してきたビジネスクラスは、機内食のメニューを渡されることがほとんどだったのですが、フィンエアーでは渡されません。エコです。

そして機内食はビーフ一択で選べませんでした。ビーフで良いんだけど。事前予約のメニューは豊富だったので、他のを食べたかったら事前にネットで注文しておけ、ということでしょうか。

f:id:xiangcai925:20180415021406j:plain

そして本日の機内食はこちら。

f:id:xiangcai925:20180415021440j:plain

カトラリー(スプーンやフォーク等)はマリメッコデザインのナフキンに包まれています。シンプルオシャレ〜。

f:id:xiangcai925:20180415021552j:plain

前菜のサーモン。さすが北欧、サーモンがめちゃくちゃ美味。盛り付けも白いお皿に映えてます。

f:id:xiangcai925:20180415021704j:plain

メインディッシュは牛肉の煮込み料理と麦ご飯。シチューを想像して食べてみたたが、全然味が違った。独特なスープで煮込まれてます。

f:id:xiangcai925:20180415022003j:plain

デザートはケーキ。

f:id:xiangcai925:20180415022211j:plain

パンはCAさんがバスケットに入れて持ってきてくれ、好きな種類を好きなだけ選ぶことができます。私が選んだのは、ごまパン。ふわふわで美味しいです。

最後に

ヨーロッパ線(短距離線)ということもあってか、アメニティなどのサービスはほぼ皆無だったのは残念でした。日本ーフィンランドの長距離路線だとマリメッコのポーチがもらえたらしくって、羨ましいです。

紙類を極力使わないようにしており、電子書籍などのサービスは充実していてエコロジー。そしてフィンランドデザインのオシャレな機内フィンランドらしさ溢れる航空会社でした。

次回の記事ではフィンランド・ヘルシンキバンター空港ターミナル2、フィンエアービジネスクラスラウンジの様子をお届けする予定です。

ではまたお会いしましょう〜。

機内もラウンジも、フィンランドデザインが前面に出ていて、超オシャレで可愛かった。

スポンサードリンク